注文住宅かマンションか、特徴を比較してみよう

マンションの特徴とは?

マンションの特徴といえば、高層階の場合は眺望がよいことでしょう。こればかりは戸建て住宅にはないメリットです。しかしこれは高層階に限りますし、目の前にいつ同じ様なマンションがたつともわかりませんのでその辺は将来的に保証できるものではありません。そして管理費を払うのである程度、マンションの建物自体は綺麗に管理されます。またゴミ出しが24時間というところもあり、ゴミを家の中にためないで済むのはメリットです。 それからよくあることですが、騒音問題がマンションにはつきものです。最上階でない限り、上の階に住人がいれば、どんなに良いつくりのマンションでも、子供が飛んだり走ったりすると騒音がします。直接文句がいいづらいこともあり管理人さんにいってもらったが、なかなか改善せず、挙句のはてに引っ越ししたという話もあるくらいです。

注文住宅の特徴とは?

注文住宅の特徴は、やはり家族の希望などを住宅に反映できることでしょう。子供の人数にあわせて部屋を割り当てたり、家族のそれぞれの趣味のスペースを作ったり、収納を特に広くとることもできます。マンションは決まりきった間取りが多いのが現実で、収納も確実に少ないです。注文住宅は二階だて、三階だてと選べ、大体が南向きの部屋をリビングにするので、明るいリビングで生活ができることが多いでしょう。マンションの場合は南向きばかりでは勿論ないので、日あたりの悪い部屋もありますし、窓も少ないため自然光が入る部分が限られています。注文住宅ならマンションに比べ、ある程度の広さが確保されていることが一番のメリットでしょう。