注文住宅か建売住宅か、建物の特徴を比較!

オーソドックスな家なら建売住宅

建売住宅と注文住宅のどちらを購入すればいいか迷っている人は、どのような家を建てたいか、自分の理想とする家のイメージをハッキリさせるといいかもしれません。どこにでもあるような平凡な家を建てたいと思う人は、建売住宅を選んだほうがいいかもしれません。建売住宅はハウスメーカーが主導して、万人に好まれそうな家づくりを目指しています。一戸建ての家をイメージした時に、欲しい要素が一通りそろっているため、住み始めてから足りないと感じる部分が少ないかもしれません。 また家の外観も特殊ではなく、オーソドックスなタイプの家が多いため、奇抜な家に住むことに抵抗がある人には理想的かもしれません。 さらに、理想の家のイメージが湧かない人も、完成した家を見て購入を決められる建売住宅を選ぶといいかもしれません。

個性的な家づくりなら注文住宅

注文住宅の場合は、家づくりを施主の意向通りに進めることができます。出来上がる家は、施主の意向によって千差万別となります。理想の家のイメージがはっきりしていて、その家の形や間取りがオーソドックスとは言えない場合は、注文住宅を選んで家を建てるといいでしょう。多少特殊で、トリッキーに思えるような設計でも、フルオーダータイプの注文住宅なら、実現することが可能です。 また、バスやキッチンなどに特別なこだわりを持っている人も、注文住宅のほうがいいでしょう。理想のバスで一日の疲れをいやすために家を建てたいというタイプの人に、注文住宅は向いています。バスやキッチンを自分好みに作ることは、セミオーダータイプの注文住宅でも可能です。個性的な家、バスやキッチンを求める人は注文住宅を選びましょう。